悪女は魅力的か?ネーミングの影響から考えてみた

悪女は美人?それともブス?

 
悪女を辞書で引いてみると下記のように説明されています。

悪女
性質のよくない女、容貌の醜い女 (大辞林 第三版)

 
性質のよくないというのは納得ですが、容姿が醜いというところに違和感を抱く人は多いのでは?そもそもは「悪女=無表情な人」だったそうで、そこから転じてブスという意味になったそうですが。実際に使われている状況とは違いますよね。悪女と呼ばれて嬉しいと思う女性が増えている昨今。男性を翻弄するイメージのある悪女は、やはり美人で賢い(ズル賢い)イメージを持つ人が多いのではないでしょうか。
 
ところが、歴史に名を残す悪女、犯罪史上の悪女などの画像を整理してみると、明らかに美しいという人は意外に多くありません。絶世の美女と言われたクレオパトラでさえも、近年の研究で実はブスだったことが判明していますし、悪女たちの中には、どちらかというブスの部類に入る人もいます。しかし、彼女たちは例外なく、なんとなく雰囲気があり、魅力的に見えます。振る舞いやテクニックでそう感じるならともかく、画像だけを見せられた人も魅力的と感じるのはなぜなのでしょうか。
 

ネーミングはイメージに影響を与える

 
なぜか魅力的に見えてしまう。その要因の一つとして、筆者はネーミングの影響があると考えています。
 
「悪女」という響きからは、人は男を手玉にとる魅力的な女性というイメージを抱きます。でも、この言葉が「悪女」でなく、「貢がせ女」「卑怯女」といった響きだったらどうでしょうか。イメージする魅力度はだいぶ変わります。北野たけしさんは「ストーカーという言葉を使うとカッコよく聞こえてしまうので、これからは出歯亀(でばがめ)と呼ぼう」といった趣旨のことをテレビ番組で話していました。
 
ネーミングによって、印象が変わる事例は他にもたくさんあります。例えば「オネエ系」という言葉は、少し前までは「ニューハーフ」と呼ばれ、その前は「オカマ」と呼ばれていました。彼らたちの社会的ポジションが呼称の変化と共に変わっていったことは、言うまでもありません。
 
最近では行政もその効能に気づいたようです。育児に積極的に取り組む男性の呼称を「イクメン」といいますが、これは厚生労働省が取り組んでいるプロジェクトの名称でもあります。マクドナルドをマックと呼ぶような呼びやすさや、カッコイイ男性の呼称である「イケメン」を想像させるような語感のせいでしょうか。「育児する男性」という言葉が持つ、ダサイ・男らしさに欠けるといったイメージを見事に払拭していると思います。
 
悪女というネーミングも、その響きゆえに認知にフィルターをかけ、魅力的に見えるような気にさせてしまう力があると思うのですが、いかがなものでしょうか。ちなみに筆者は、元銀座ホステスという経歴に注目されることが多いです。ゆえに、取材に来てくれる方、講演などに呼んでくださる方など、初めてお会いする方は「美人なのではないか」「色っぽい女性に違いない」といった期待を膨らませてしまうようです。プロフィール写真を普通に公開しているにも関わらず、十人並みの容姿が魅力的に見えるというのだから驚きです。銀座のクラブにお勤めする前、筆者は某地方警察署に勤務していました。同じプロフィール写真でも、元警察官という肩書きを聞いた場合には、まったく違った印象にあるのでは?と思っています。
 

お願いを聞いてもらう裏ワザを公開!

 
悪女学研究所の勉強会では、所長である筆者の研究発表が主ですが、ゲスト講師の皆様にも数多く登壇していただいています。ベストセラー作家や著名な先生など、旬な講師陣に快諾していただける要因の一つも、ネーミングの力だと思います。そこに、想像力を刺激する言葉を付け加えるとさらに効果が期待できます。
 
ちなみに講師依頼の殺し文句は「講師料は決して高くないのですが、悪女研は女性ばかりの会なので、デパートの化粧品売り場の匂いがするんです」。お仕事としての依頼であるということを伝え、まずは心のシャッターをあけてもらう。そのあとで、悪女というネーミングで美女たちを想像してもらい、デーパートの化粧品売り場の匂いでリアリティを感じてもらう。このステップなら、YESを引き出すのはそう難しいことではありません。この手法は、いろんなケースに応用できます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>