都議のセクハラ野次から考察する悪女誕生のプロセス

女性議員が都議会の一般質問中にセクハラ野次を飛ばされたそうです。

======== 以下、東スポWEBより引用 ==========

東京都議会で塩村文夏都議(35=みんなの党)に「結婚しろ」「子供を産めないのか」などのセクハラヤジが飛び、国内のみならず世界中に発信された問題で23日、“犯人”が騒動後5日目にしてようやく名乗り出た。「早く結婚すればいい」の野次をとばしたと白状したのは自民党の鈴木章浩都議(51)。どうやら都議会でも札付きのセクハラ癖の持ち主として知られるようだ。ウソ八百を重ね、謝罪後も繰り広げた厚顔無恥な振る舞いに周囲はあぜんとするばかりだ。

======= 引用、終わり =================

 

野次の内容を見ましたが、明らかにアウトですね・・・。

もちろん女性議員には失礼ですし、あの野次はないなと思いますが、
言っちゃった男性議員にも、ちょっぴり同情してしまいます。

 

 

■ 立場が発言を促す?

質問には野次を飛ばす。これ、日本では議員の方のお仕事の一つなのでしょうか?

そうでないとしても、野次を飛ばさないと
一人前でないような空気があるのかも知れません。

ある立場におかれ、ある場面に立つと〇〇をしなければならない!といった気分になる。
こういった現象は日常にもあることです。

歌舞伎を見に行って「成田屋!」とか声をかけないと
わかってないように思われそうな感覚。

ゴルフに行って、誰かがショットしたら、見ていなくても
「ナイスショット!」と言わないと冷たい人だと思われそうな感覚。

心では思っていないのにとりあえず声に出してしまうという体験は
皆さんにもあるのでは?

許されることがどうかは別として、

野次を飛ばした本人はさほど悪気はなかったのでは?と感じました。
悪気がない場合ほど、同じことを悪気なく繰り返すので始末が悪いんですけどね。

 

 

■ 立場が人の性格を変える?

疑似監獄で与えられた役割をどうこなすかを観察し、世に衝撃を与えることになった
スタンフォード大学の監獄実験というのがあります。

看守役と囚人役を決めてその役割を演じてもらう実験です。

日数が経つと、元の性格に関わらず看守役は
囚人役に屈辱を与える、暴力をふるうといった行動をとるようになってしまい、
実験が中止されたことで有名になりました。

もちろん囚人役の人も、より囚人らしい言動をとるようになり
心身に支障をきたす人が続出したそうです。

 

 

これを今回のケースにあてはめるのは少々乱暴ですが、

・質問を聞く都議という立場が、つい野次を飛ばしてしまった

おそらく反省し、社会的罰も受けている

・セクハラ野次を受けた女性議員が被害者としての言動をより強くとってしまった

おそらく実際以上に傷ついてしまう

といった構図が透けて見えるだけに、
お二人とも大変だろうなと、同情してしまうのです。

 

 

■ 悪女の誕生も立場から?

悪女の誕生も「立場が人を変えてしまう」というケースなのでしょうか?

 

マリーアントワネット、ポンパドール夫人、楊貴妃、淀君など
歴史に名を残す悪女の多くは、
時代に翻弄され、おかれた立場から悪女と呼ばれるようになったようにも見えます。

 

しかしながら、性格特性が生育歴とは相関性がないとすると・・・。
もともと持っていた悪女性が環境によって花開いたと考えるべきでしょう。
いくら大変な立場でも、悪いことができない人は、なかなかやれないもの。
野次をとばした都議は、女性蔑視の素養があったのでしょうね。

 
 

レトロな教室と古風な女

例によって、交渉の授業に立ってきました。

昨年使用した、大隈記念タワーのキレイな教室もいいですが、
今年のこのレトロな教室が、何とも言えない味わいがあって好きです。

o0403053912971533499

レトロな教室に、黒板。
「THE授業」といった感じで趣があると思いませんか?

 

ところで皆さんはトレンドを押さえた美人と、古風な美人、どちらがお好みですか?
私は断然、古風な美人がタイプ。
男性も今時の草食系より、昔の気概がある男性が好きです。

 

犯罪史も、平成よりも昭和のほうが興味深く取り組めます。

 
 

雑誌の取材:職場の悪女対策的なお話

先日、雑誌の取材がありました。

o0275034712976103845

 

職場でのコミュニケーション系の話題から、
お局さま問題のお悩み、その対策について取材をうけました。

 

 

職場でのコミュニケーションネタについては、
自分の体験ではなく、コミュニケーションタイプに照らし合わせて解説。
今回は、東大医学部が開発した性格検査(TEGⅡ)をベースにお話ししました。

こういうタイプの人は、○○といった行動をしがち。
そういった場合には△△のアプローチが有効。

こういった基本を知っておくだけでも職場の悩みを、
緩和させることができますね。

 

 

皆さんの職場に、悪女さんはいらっしゃいますか?

 
 
いるとしたら、傾向と対策くらいは知っておきたいですよね。

雑誌の発売前ですので詳細の記述は避けますが、
いずれこちらのブログでも紹介したトピックです。