悪女と二面性!二面性がある人に騙されないコツとは?

本日オンエア!「世界を動かした女たち~悪女かそれとも・・・~」

ビーバップ
本日、朝日放送ビーバップハイヒールで、藤田尚弓も出演した「世界を動かした女たち~悪女かそれとも・・・~」がオンエアされます。今回は、前回の時と違い、悪女の悪い面だけでなく、良い面にもフォーカス。激動の時代に逞しく生きた女性たちを、違う角度から見ていきます。残念ながら、東京では見られないのですが、関西・近畿にお住まいの方は、ぜひ!

撮影の裏話というわけでもありませんが、今回のテーマ、筆者にとっては大変嬉しい企画でした。なぜなら、コラム連載にあたって2010年に悪女のよい面を調査整理したものの、企画が変わってお蔵入りになってしまったことがあるからです。

 

 

ボツになった企画「悪女のA面・B面」

 
2010年~2011年にかけて、コミック誌「KISS」に、「悪女の切り札」というコラムを書いていました。歴史に名を残す女性たちを紹介しつつ、その女性がどんなことを切り札として使っていたかを考察するコラムです。担当編集さんからお話をいただいた段階では「悪女に関してのコラム」とざっくりしたものだったので、筆者は悪女の二面性について書くつもりでいました。

 
最初にご提案したタイトルは「悪女のA面・B面」。「藤田さん、A面・B面って、レコード世代じゃないとわからないですよ。読者はCD世代ですし・・・(^^;」とダメ出しされました。ごもっともです。次に考えたタイトルが「悪女の裏面・表面」。これはオモシロイと言ってもらえたのですが、誌面のスペースと文字数の制限から、両面は難しいということになりお蔵入りしてしまいました。
 
あれから5年。テレビという形で悪女たちのいい面を発信する機会に恵まれした。感激もひとしおです。
 
ところで、悪女に限らず、女性に二面性はつきもの。というか、男女問わず、人は誰しも二面性を持っていると思います。二面性と聞くと「嫌だ!」と思う人が多いと思いますが、本当に悪いことばかりでしょうか。そして二面性のある人に騙されないためにはどうしたらいいか考察してみました。
 

二面性って悪いこと?

1352610_74851576
 
二面性とは、極端ないい面と悪い面を持ち合わせる、ジキルとハイドのようなものばかりではありません。人が見ている時と見ていない時の行動が違ったり、周りにいる人によって言動を使いわけたりということも含まれます。筆者はこのような二面性は、悪いことばかりでもなく、人との関わりで生きていくうえのスキルと考えています。
 
例えば、「どうみても安全だろう」というシチュエーションで、赤信号なのに渡ってしまうことはありがちです。でも、近くに小学生がいた場合どうでしょう。おそらく、ほとんどの方が渡らないのではないでしょうか。周りにいる人に配慮する。こういったホワイトな二面性もあると思うわけです。
 
二面性が魅力になるケースもあります。
 
普段は強気な女性が、ふと涙を浮かべる。頼りないとおもっていた男性が、心強い一面を見せる。そんなギャップに心を動かされた経験がある人も多いのでは?いい面だけでなく悪い面があったり、強いだけでなく弱かったり、これも人間の素晴らしさ。そう考えると自分や信頼している人にも二面性があるということを認めやすくなります。

 

二面性のある人に騙されないコツとは?

 
二面性のある人に騙されないためには、どうすればいいのか。筆者がお勧めしたいのは、人には二面性のあることを事実として認め、それを前提として考える方法です。
 
海外の研究者が行った面接の実験があります。
 
面接にくる人が社交的という情報を与えた後、面接する人A群には「事前情報の反対側のことも考えてみるように」と忠告。面接する人B群には忠告なしで面接をさせるという実験です。すると、A群は様々な角度から面接にきた人を知ろうと質問をしました。それに対しB群は事前情報を確かめるだけの質問しかできなかったそうです。
 
このブログを読んでくれている方達の中にも、人の二面性に触れ、悲しい思いをしたことがある人は少なくないと思います。筆者もそんな体験がたくさんあります。自分は裏表のない人間になりたいと思う気持ちも、信頼する人に限って二面性なんてあるはずがないと思いたい気持ちもわかります。でも、二面性がある事実を認め、裏面も考えないと、いい面だけを見ていた自分の無防備さを棚にあげて、相手を恨むハメになるかも。実験を行った博士のように、筆者も皆さんに忠告したいと思います。「反対側のことも考えてみるように」。
  

セクシーの作り方!オンナを愉しむアイテムについてコラムを執筆

女らしくあることは女性に共通する願望?

 

私が主宰する、悪女学研究所は歴史上の悪女などを研究する社会人サークルです。

 

研究肌の女性たちに混じり、バリバリキャリア系の女性、清楚な奥様系の女性、いかにも貢がせそうな美女など

「普段だったら、この人たちは絶対に口をきかないだろうな」

と思うくらい、様々な属性の人たちが集っています。

 

そんな彼女たちに共通するのが、「女性性」について。「女らしさ」を存分に発揮したいというのは、その強弱こそはあれど、あらゆるタイプの女性が潜在的に持つ、欲求なのかも知れません。

 

セクシーさについてのコラムを書きました

 

さて、某化粧品メーカーさまのサイトにて連載しているコラムにて、こんな記事を書きました。

 

■ このままではオバさんへと転落する?!  いつまでも魅力的でいる「女を愉しむ」アイテム

beauty20150609b

 

オンナを感じさせるセクシーな女性って、仕草や佇まいもそうですが、「そもそも周りに置いているアイテムが違うよね?」「普段の暮らしぶりが大事じゃないの?」といった内容をコラムにしました。

 

「人は女に生まれるのではなく、女になるのだ」という名言を残したのは、
フランスの作家シモーヌ・ド・ボーヴォワール。

いくら美人でもスウェットで汚い部屋にいては女性性を開花させられないし、よれよれの下着をつけていては、セクシーさもないものです。

 

コラム執筆の裏話

 
批判を覚悟で書きますが、筆者はよく同性から「色っぽくてうらやましい~」と言われます。でもその発言の裏に

  • どうせ色気で世渡りしているんでしょ
  • 私はそんなところでは勝負していません
  •  
    といったトゲを含ませてくる女性も少数派ながらいらっしゃいます(^^;)

     

    そんなマウンティングをする人に共通するのが、ぞんざいな暮らしぶりが透けてみえること。

     

     

    「うらやまし~」の後に「私なんか忙しくてメイクに時間をかけてる暇がなくて」「子育て中だから自分のことなんて後回しになっちゃって」といった自虐センテンスを続けてくる人は特に注意が必要です。

     

    褒めているような体裁をとりつつ、

  • 賢く仕事ができる自分
  • 妻として清く正しく生きている自分
  •  

    といったアピールをされると、思わず謝らなくてはいけないような気分になります。「ごめんなさいね、仕事と家事だけでなく、自分のために時間とエネルギーを使って」。

    女らしさを目の敵にする女性は、自分の人生を楽しんでない方が多い気がします。自分を犠牲にして、仕事や家庭で頑張る姿は尊敬に値するのですが、自分のケアってそんなに悪いこと?いい悪いは別として、できる範囲で人生を楽しみ、状況のせいにしないことは大事なんじゃないかな。

     

    そんなわけで今回のコラムでは「女らしさを放棄する人」と「女らしさを非難する人」に向けて、「あなたがたは単にめんどくさがりなのでは?」という気持ちをこめて書きました。行間に潜むブラックさも、あわせてお楽しみいただければ幸いです。

     

    セクシーさは暮らしぶりから作られる

     

    若いうちは何もしなくてもキレイな人もいますが、
    歳を重ねても艶のある女性というのは、例外なく努力家。

     

    美人には2cmほど足りない私も、女性らしくあることには貪欲。

    ひそかに努力を重ねています。

     

  • ジムでのパーソナルトレーニング
  • ホテルステイでのリラックスタイム
  • 手間暇をかけて作る食事
  • 住まう環境の整備
  • 感性を磨くための読書や映画鑑賞
  • などなど、出来る範囲で努力を愉しんでいます。

     

    その中でも欠かせない習慣になっているのは部屋に花を飾ること。

    1504604_851200208259609_177845515747395247_n

     

     

    花粉や花弁は言ってみれば生殖器。美しい色や甘い香りで虫を引き寄せ受粉させるところも淫靡じゃない?花のある部屋に住まうと、自分の中にあるセクシーさが引き出される気がします。花を飾るための部屋はキレイでないと残念なので、ともすると掃除をサボりたくなる自分にはもってこいなのです。

     

    セクシーさを身に着けるために、梅沢富男さんのビデオを分析したこともありますが、テクニックだけでは内から溢れるセクシーさまでは再現できないというのがいろいろと試してみた私の結論。

     

    シルクのパジャマをわざわざ手洗いする時間も、お風呂に浮かべたバラの花びらをザルですくっている時間も、私は女の愉しみとして味わいつくしています(笑)愛しいオトコの世話だけでなく、子育て、介護などを担う女にとって、めんどくさいことをやり続けるなんてたやすいこと。そんな強がりが、女の誇りだと思う今日この頃です。
     
     

    交渉の授業を担当!今日はブラック交渉術

    大学で歴史的に残る「おバカな事例」を教えています

    今年も早稲田大学のオープンカレッジにて交渉の授業を受け持っています。

    o0295039513331677786

    難しく考えられてしまう「交渉」にいかに慣れてもらうか。
    楽しんでもらうか。

     

    毎年、少しずつ工夫をしているうちに、ゲームやワークが中心になり、
    実際にあった「歴史的おバカ事例」「ありがちな残念な事例」を分析しながら進める
    現在のスタイルに行きつきました。

     

    決してウケ狙いに走ったわけではないのですが
    実際に他人がやってしまった愚かな打ち手を分析していくのは、
    おもしろいですし、記憶に残りやすいものです。
    ビジネスのケーススタディはもちろんですが、
    夫婦ゲンカの攻防、旦那さんのお小遣い交渉、子供への注意の仕方などなど
    そこに「人」と「ストーリー」を感じる題材は
    生徒さんたちにウケますね。
    なぜか個人的に相談をうける機会も増えます。

     

    本音をいえば、悪女たちの交渉術を紹介したいのですが、
    「交渉術=ズルい」というイメージを持たれてしまうのはNG。
    そこは講師としてグっと我慢しています。

     

    今週の授業はブラック交渉術でした

    授業は週1回。
    今週の授業のお題は「騙されないために知っておきたいブラック交渉術」でした。
     

    警察にごやっかいになるような人たちが使ってきたテクニックを
    実際にあった事件や、心理学の理論などを交え紹介してきました。

     

    ブラック交渉術を授業に取り入れることについては
    諸先輩方から賛否両論。
    ネーミングのイメージだけで、けしからんとおっしゃる方もいます。
    とはいえ、相手の手口を知っておくことは、
    騙されないようにするという意味では重要ですよね。

     

    騙されないように・・・
    というセンテンスから、疑問が浮かんできました。
    手口を知っておけば、悪女に翻弄されずに済むのでしょうか??
     

    悪女の手口を研究しておけば騙されないのか?

    悪女たちの手口を知っておけば騙される確率は減るのでしょうか?
    そうはいかないのが人間のおもしろいところ。
    結婚詐欺や保険金殺人など、古典的な犯罪は
    平成になり、四半世紀を過ぎた今も健在です。

     

    知れば知るほど興味を惹かれ、
    また、実際に会ってしまうと、つい引き込まれてしまうのが悪女。

     

    感情が動かされてしまった男性は、
    自分が選択した不合理な行動を正当化してしまいます。
    はたからみれば、騙されているとわかるような行動も、
    いろんな理由をつけて正当化してしまうんですね。

     

    あきらかに犯罪というレベルの搾取や、
    命まで奪われてしまうケースは事件となり発覚しますが、
    本人たちが騙されているという自覚がないケース、
    事件になっていないケースなどは相当数あると思われます。

     

    気持ちよく騙されて、それに気づかないというのは
    もしかすると幸せなことなのかも?

     

    そう考えると、本当のブラック交渉術とは、
    相手が「気持ちよく譲ってやった」と思う状況を作ること。

    授業でやるロールプレイングで
    論理的な男性が、なぜか女性に負けてしまうという不思議な光景
    女性が自然にチョイスしているブラック交渉術なのでしょう。

     

    毎年不思議に思っていた、ロールプレイングによる女性の勝利。
    相手を譲らせてしまう女性の強力な武器を「うっふん」と名付けて
    コラムを書いたことがあります。

    よろしければお時間がある時に……怒らないで読んでね。

    → 強力なだけに反動も!女性がボディタッチというウェポンを使う時の注意点