「離婚報告」と「交際宣言」を同時にした奥菜恵さんは悪女か

奥菜恵さんがご自身のブログで「離婚報告」と「交際宣言」をしたことが話題になっています。

奥菜さん

「もしかして不倫してたってこと?!」
「このタイミングで再婚への含みがある発言をする?!」
「子どものことを考えてと言うわりには、何この行動は?!」

なんて思っている方もいるかも知れません。

 

奥菜恵さんは悪女なのか、考察してみました。

 

男性の半数が、女性の4人に1人が浮気経験者?!

 

離婚前からの交際というので、一気に悪女イメージが加速した奥菜さん。浮気をする女性=悪女なのでしょうか。浮気をしている人って、結構いそうですよね?

 

浮気に関する大規模データによると、生涯を通じて浮気をする男性は40%とも言われています(!)。女性はさすがに男性より少ないものの、25%程度は浮気をするようです。(Whisman&Snider,2007)

 

4人に1人という割合を考えると、浮気をもって悪女だとは言えないかと。仮に、離婚前に交際していたというのが事実だったとしても「恋多き女に認定」といったところでしょう。

 

子供がいるのに離婚、再婚は悪女?!

 

一般的に悪女と呼ばれる女性には、身勝手という要素はマスト。ですが、子供がいるのに、離婚、再婚をする。これをもって悪女かというと、そうでもないと思います。

 

奥菜さんを擁護するわけでも、自分の離婚歴を正当化するわけでもありませんが、子供はかすがいにはなりません。むしろ、子供のいる夫婦のほうが結婚の満足度は下がり、離婚リスクがあがるという研究は多くあります。

 

子供がいる夫婦は、子供がいない夫婦より、結婚生活に不満が増える(Voydanoff,2005;Wiklcox&Nock,2006;山口,2006;李,2008;他多数)

子供が生まれると夫婦の口論や言い争いが増える(Kluwer&Jhonson,2007;Perren et al,2005他)

子供が生まれると夫婦のコミュニケーションが減る(Perren et al,2005;White et al1986他)

 

離婚や再婚が子供にとって悪いと決めつけるのも、現実とは違うと感じています。

 

ちなみにうちの場合、離婚、再婚は自然な流れで決まり、息子は新旧ダンナ様と良好な関係を続けてくれています。「かわいそう」と余計なコメントをくださる方もいますが、息子にとっては人と違う家族の形がむしろスタンダード。

 

余計なことを言ってくる大人に「母は結婚が何度もできるミュータントで・・・」と釈明していました(汗)息子よ、ごめん。でもユーモアで返せるとは、すごいぞ!

 

余計なお世話ですがバツ3になるリスクはなんと・・・

 

バツ3の私に心配されたくないと思いますが、もしも奥菜さんが木村了さんと再婚した場合、どれくらい離婚リスクがあるのでしょうか。

まずは、離婚から再婚までの期間という切り口から。アメリカのデータによると、離婚して2年以内に結婚した女性が、再び離婚してしまう確率は、なんと60%!奥菜さんは、すでにブログで「パートナー」「大切な家族」と言っちゃっているので、とても気になります。頑張って!

 

次に、結婚の回数という切り口から。3回目の結婚で離婚してしまう確率は、初婚に比べなんと3.39倍。・・・かなりヤバイです。

次に、同棲の有無という切り口から。もしすでに同棲しているとなると、離婚リスクは結婚まで一緒に住まなかったグループに比べ1.6倍。

 

いずれにしても厳しい戦いになるかと思われます。

 

でも大丈夫!仮にまた離婚したとしても、結婚不適合者とか、性格に問題アリと思われること以外は、これといった不都合はありません。奥菜さんの場合、どう転んでも自分のスタイルを貫きつつ、自分らしい幸せを掴むパワーをお持ちかと。頑張ってください!

 

データで考察!矢口真理さんは再婚しても悪女じゃない

芸能活動を休止していた矢口真理さんが、遂に復帰したそうです。

 

旦那様と住んでいた自宅での浮気で、すっかり悪女カラーになった矢口さんですが、
離婚のすったもんだを(何度も)乗り越えた私としては、
復帰がとても嬉しく心から応援したい気持ち。

 

悪女学研究所から、2014年の悪女大賞を贈りたいくらいです。

 

テレビ番組でのお話によると、矢口真理さんは
離婚原因になったともいわれる男性と、いまだ交際継続中だとか。

もしかして再婚するの?!と思っている皆さんのために、
データを引用して解説したいと思います。

 

矢口真理さんは悪女じゃない?!婚経験者は再婚したい

離婚経験をした独身男女へのアンケート結果によると、
再婚したいと答えた人は57.7%(DIMSDRIVE,2006)
一般的に、離婚した人の半数以上に再婚願望があるようです

「え、普通は懲りるんじゃないの?」

と思われる方も多いでしょうが、
再婚には傷ついた心の回復効果があると言われています。

こういったデータからも矢口さんが再婚を考えていても、決して悪女だとは思いません。
 
 
■ 意外にキツい離婚ストレス

離婚というのは、ストレスの中でもかなり度合がキツイものの一つです。

人生で滅多に経験しない、強度のストレスを数値化した研究があります。これによると、配偶者の死は100ポイント。失業47ポイント、別居65ポイントに比べても離婚の73ポイントは、かなり強いストレスです。(Holmes&Raha,1964)
 
ちなみに筆者も離婚経験者。自分の意思で、相手にお願いして離婚していただきましたが、それでも離婚直後は精神的にキツかったです・・・
 
矢口さんの場合、マスコミからのバッシングなどもあったので、更に強いストレスを抱えていたはず。新恋人が心の支えになるのも、自然な成り行きと言えるでしょう。
 
 

離婚ストレスには新しい恋が有効?!

 
失恋や離婚ストレスへ有効な対処法として、新しい恋人を求めるというのがあります。(加藤,2005a;Wang&Amato,2000など)
 
筆者も「離婚したのに、懲りないの?」といろんな方から言われましたが、辛い時期というのは、通常の精神状態の時より人の優しさや有り難さが身に染みるものです。正当化するわけではありませんが、離婚した後、5年以内に再婚する女性は3人に1人の確率。決して少数派ではないのです。(厚生省労働省人口動態統計2007)
 
矢口さんが、離婚の原因となった新しい恋人と一緒にいるのは有効なストレス対処法であり、再婚の確率も十分に考えられると思います。

 
 

■ 矢口真理さんは再婚適齢期!でも離婚の確率は1.53倍に
 
年齢別の再婚データを見ると女性は30歳~34歳での再婚が最も多くなっています。矢口真理さんは31歳ですから、再婚適齢期と言ってもいいと思います。しなしながら、離婚経験のある人が残念ながらまた結婚に失敗してしまう確率は、初婚の人のそれに比べて1.53倍。離婚歴が複数回ある筆者に言われたくないと思いますが、慎重に決断する必要がありそうです・・・
 
 

結婚後の浮気についてのデータを見ても、なにも矢口真理さんが特別悪女だとは思えません。余計なおせっかいな分析、恐縮ですが、少しでも離婚や再婚などのお悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

 

 

 

松田聖子は進化し続ける悪女である

芸能界では誰が悪女?松田聖子は本当に悪女なのか

 
o0400030010922447152
藤田尚弓は松田聖子さんの長年のファンです。昨日は、ディナーショーに行ってきました。夏のコンサートと年末のディナーショーは毎年の恒例行事です。こうやってプリンスホテルで、ディナーショーの看板を撮影するのも毎年のお約束です。歳を重ねても輝き続ける聖子ちゃんを一目見ようと、今年もたくさんのファンが集まっていました。
 
ぶりっ子路線を突っ走りつつも、家族を顧みない海外進出、不倫問題、離婚・再婚など、悪女なイメージもある彼女。聖子ちゃんがアイドル全盛期だった頃には、中森明菜さんが悪女系で、聖子ちゃんは清純派といった色分けがされていましたが、なにかと不器用な明菜ちゃんよりも、聖子ちゃんのほうが悪女だと感じる人も多いのではないでしょうか。
 
筆者は、聖子ちゃんを「進化し続ける悪女」というポジションにカテゴライズしています。いわゆる「悪い女認定」ではなく、環境が変わっても進化し続けながら輝く、タフでチャーミングな女性という、いわばロールモデル的な扱いです。
 

ビジュアルも中身も時代とともに進化させる松田聖子さん

 
今年もディナーショーの会場で、せっせとお買いものをしたところ、このポスターをいただきました。
o0400030010922447151
 
懐かしいです!聖子ちゃんの様々なヒット曲とともに青春の思い出がよみがえってきました。このころの容姿と・・・
o0400030010922447153
 この頃の容姿を比べると・・・
o0400030010922447197
ずいぶんビジュアルも進化しています。
 
もちろん中身も進化しています。ディナーショーで購入した懐かしのCDには、聖子ちゃん作詞の曲がたくさん入っています。「これは、アメリカ進出の時の曲の歌詞だよね」「この歌詞は、海のむこうで恋愛していた時の気持ちだろうか」という感じで、キーになるフレーズを書きだしていくと、彼女の軸や価値観が変わっていることが感じられます。
 
注目すべきは、出会いや別れも、前向きなエネルギーに変えられるところ。ここが、アイドル時代に比べられていた中森明菜さんとの違いだと思いました。今年は、明菜ちゃんのディナーショーにも行く予定だったのですが、残念ながら健康上の問題で公演が中止になってしまいました。スキャンダルや別れ、その他もろもろの変化によるダメージを、うまくエネルギーに転換できないタイプの女性は、辛いですよね。残念です。
 

進化し続ける悪女はタフでチャーミング

 
スキャンダラスな私生活が注目されてしまった悪女としては、夫の弟子と不倫関係になってしまったキュリー夫人や、麻薬に溺れた若き作家フランソワーズサガンなどが思い浮かびます。キュリー夫人は皆さんご存知のように、その後も偉大な功績を残していますし、サガンもネガティブな出来事をプラスに変える力があったと思います。
 
トレンドや状況の変化、時代感など、どうしても人生に変化はつきもの。特に女性は、結婚・出産・介護など、人生のステージも変化し続けます。タフさだけでなく、しなやかさも女性には必要ですよね。
 
悪女たちの中には、時代の流れに逆らえず、死刑にされたり、不幸な死に方をした女性もたくさんいます。それだけに、自分を持ちつつ、進化し続けられる女性の強さは、より魅力的。今後も聖子ちゃんファンとして微力ながら応援していきたいと思います。