強力なだけに反動も!女性がボディタッチというウェポンを使う時の注意点

ひっそりと交渉の本を書いていたりする筆者は、大学のオープンカレッジで交渉の授業を受け持っています。

 

5年間授業に立っていて感じるのは、女性は交渉の作戦を立てること、利害を数学的に考えるゲーム理論が苦手だということ。(女性の皆さんごめんなさい)
しかし交渉ゲームを実際にやってもらうと、わからないなりに成果を出してしまうすごさがあります。
 

女には無意識に使っている武器がある

 

誤解を恐れずに言うと、女には無意識に使っている武器があります。
男性の優しさを引き出してしまうこの力は、理論を超越したウェポン。
仮にこの力を「うっふん」と呼ぶことにしましょう。

 

初心者でも扱いやすいデリンジャー級の「うっふん」には、

・意地悪を言ったら傷つきそうな雰囲気を醸し出す
・目をキラキラさせながら話を聴く
・信頼や好意を非言語で表現する

といったものがあります。

 

もう少し破壊力のある38口径くらいのテクだと、

・相手を褒める
・「○○さんって、優しいですよね」といったラベリングをする
・上着を脱ぐ

といった感じになります。

 

ちなみに上着を脱ぐというのは、普通にスーツのジャケットを脱ぐだけの技なのですが、なぜか男性はそわそわしてくださったり、攻撃の手を弱めてくださったりと、思った以上の効果を発揮します。

 

ボディタッチは「うっふん」の中でもロケットランチャー級。

 

意図的に使う人もいるようですが、元銀座ホステスとしては「その反動は想定しているのだろうか」と心配になることがあります。
まだ若かった頃、私も反動で大ヤケドをしたことがあるからです。

 

手の内を明かすのもどうかと思いましたが、男性社会を逞しく生き抜く女性達にヤケドをしてほしくありません。僭越ながら、ボディタッチの注意点をシェアしたいと思います。

 

強力なだけに反動も!武器を使う時の注意点

 

■ステキ光線は「跳ね返る」という特性があります

効果があるからといって、やたらとボディタッチや褒めを使うのは危険です。ステキ光線は突然のセクハラに変換されて跳ね返ってくることを知ったうえで、防御の準備をしておきましょう。

特に、エレベーターやタクシー内などの危険地域では、話題を変えて気勢をそぐのがマストです。ディフェンスが苦手なあなたは「好きになると、相手の家庭を壊しても奪いたくなるタイプ」「別れ話をされると何をするかわからない」といった予防線を張っておくといいでしょう。

 

■攻撃は見られています

ボディタッチをしている姿は、周りの男性、女性に見られています。「あいつに気があるのか」「取り入るズルい人」などと思われるリスクを計算し不用意に使わないようにしましょう。

リスクが大きいと判断した場合には、バズーカよりもサイレンサーがお勧め。物を渡す時に偶然手が触れたというシチュエーションを装う、相手がトイレや電話に立った時を狙うという技を使えば、周りに知られるリスクは低くなります。サイレンサーも音はするんだけどね。

 

■暴発注意! ケガだけで終わることも

少数派ですが「馴れ馴れしい」「計算高い」といった理由で、女性からのボディタッチを不快に感じる人もいます。

権限がないのか、ケチなのか、その女性を気に入らないのかわかりませんが、キャバクラがわりに楽しんで、なんの譲歩もしてくれない人もいます。

私が所長を務める悪女学研究所では、これらの残念なできごとを総称して「暴発」と呼んでいます。ウェポンを扱う時には、これらのリスクもお忘れなく。

 

■まとめ

ボディタッチというのは、あくまで裏ワザ。若さと容姿が衰えるにつれ、威力もなくなっていきます。

仁義を通し、人の恩は忘れずに、できる限り周りの人には親切に。結局は正攻法が一番な気がする今日この頃です。自戒をこめて。

 

 

*この記事は悪女学研究所所長の藤田尚弓が書き下ろしたコラムです。
All About News dig 他、様々なWEB媒体に転載されています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>