交渉の授業を担当!今日はブラック交渉術

大学で歴史的に残る「おバカな事例」を教えています

今年も早稲田大学のオープンカレッジにて交渉の授業を受け持っています。

o0295039513331677786

難しく考えられてしまう「交渉」にいかに慣れてもらうか。
楽しんでもらうか。

 

毎年、少しずつ工夫をしているうちに、ゲームやワークが中心になり、
実際にあった「歴史的おバカ事例」「ありがちな残念な事例」を分析しながら進める
現在のスタイルに行きつきました。

 

決してウケ狙いに走ったわけではないのですが
実際に他人がやってしまった愚かな打ち手を分析していくのは、
おもしろいですし、記憶に残りやすいものです。
ビジネスのケーススタディはもちろんですが、
夫婦ゲンカの攻防、旦那さんのお小遣い交渉、子供への注意の仕方などなど
そこに「人」と「ストーリー」を感じる題材は
生徒さんたちにウケますね。
なぜか個人的に相談をうける機会も増えます。

 

本音をいえば、悪女たちの交渉術を紹介したいのですが、
「交渉術=ズルい」というイメージを持たれてしまうのはNG。
そこは講師としてグっと我慢しています。

 

今週の授業はブラック交渉術でした

授業は週1回。
今週の授業のお題は「騙されないために知っておきたいブラック交渉術」でした。
 

警察にごやっかいになるような人たちが使ってきたテクニックを
実際にあった事件や、心理学の理論などを交え紹介してきました。

 

ブラック交渉術を授業に取り入れることについては
諸先輩方から賛否両論。
ネーミングのイメージだけで、けしからんとおっしゃる方もいます。
とはいえ、相手の手口を知っておくことは、
騙されないようにするという意味では重要ですよね。

 

騙されないように・・・
というセンテンスから、疑問が浮かんできました。
手口を知っておけば、悪女に翻弄されずに済むのでしょうか??
 

悪女の手口を研究しておけば騙されないのか?

悪女たちの手口を知っておけば騙される確率は減るのでしょうか?
そうはいかないのが人間のおもしろいところ。
結婚詐欺や保険金殺人など、古典的な犯罪は
平成になり、四半世紀を過ぎた今も健在です。

 

知れば知るほど興味を惹かれ、
また、実際に会ってしまうと、つい引き込まれてしまうのが悪女。

 

感情が動かされてしまった男性は、
自分が選択した不合理な行動を正当化してしまいます。
はたからみれば、騙されているとわかるような行動も、
いろんな理由をつけて正当化してしまうんですね。

 

あきらかに犯罪というレベルの搾取や、
命まで奪われてしまうケースは事件となり発覚しますが、
本人たちが騙されているという自覚がないケース、
事件になっていないケースなどは相当数あると思われます。

 

気持ちよく騙されて、それに気づかないというのは
もしかすると幸せなことなのかも?

 

そう考えると、本当のブラック交渉術とは、
相手が「気持ちよく譲ってやった」と思う状況を作ること。

授業でやるロールプレイングで
論理的な男性が、なぜか女性に負けてしまうという不思議な光景
女性が自然にチョイスしているブラック交渉術なのでしょう。

 

毎年不思議に思っていた、ロールプレイングによる女性の勝利。
相手を譲らせてしまう女性の強力な武器を「うっふん」と名付けて
コラムを書いたことがあります。

よろしければお時間がある時に……怒らないで読んでね。

→ 強力なだけに反動も!女性がボディタッチというウェポンを使う時の注意点

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>