プレゼンの授業から考えた!北条政子は悪女なのか

早稲田大学のオープンカレッジでプレゼンの授業に登壇してきました。
いつもの道もすっかり秋らしくなり、季節の移り変わりを感じています。

 

o0596064013111124736

今回のテーマは、プレゼンのデリバリーとパラランゲージについて。
言葉以外の部分を含めて、どう伝えたらいいかについて講義してきました。

 

コミュニケーションの中でも非言語コミュニケーションは特に思い入れがあるので、
授業にも、ついつい熱が入ります。

 

さて、プレゼンが巧いと思う悪女で、まっさきに思い浮かぶのは北条政子。

 

鎌倉幕府の将軍、源頼朝の妻であり、
頼朝が亡くなった後は優秀な女性政治家として活躍した北条政子。
政治家ということもあり、男勝りでクールと言ったイメージを持つ人も多いと思いますが、
彼女は感情豊かな女性です。

 

島流しにされていた源頼朝と恋に落ちた時には、
親に決められていた結婚をすっぽかして駆け落ち。
結婚後、頼朝が愛人を持った時には嫉妬のあまり愛人宅を壊しています。

 

そんな政子のプレゼンテーションはやはり情熱的です。

 

朝廷が鎌倉幕府を討とうとした時、

「朝廷には逆らわないほうがいいのでは?」

と尻込みする武士達に、
彼女は単に幕府を守ろうとは言いませんでした。

 

 

彼女がやってのけたのは。

「あなた方の利益を守るために」
「これからの社会のために」
「亡き頼朝の恩に報いるために」

といった心に響くプレゼン。

自分の利益、社会への貢献、そして人の恩。
こういった人間心理を巧みについた彼女のプレゼンは
反対勢力をも味方に変え、歴史を動かしました。

 

 

人は論理で納得し、感情で動きます。
あれこれやらかした北条政子ではありますが、
暖かみのあるエピソードも多数。

衝動性は高かったと思いますが、
性格特性の共感性の部分が高く、人の気持ちに敏感な
傷つきやすい部分のある優しい女性だったのかも?

悪女と言われていますが、
実は家族思いで、優秀な女性政治家だったのではと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>