「離婚報告」と「交際宣言」を同時にした奥菜恵さんは悪女か

奥菜恵さんがご自身のブログで「離婚報告」と「交際宣言」をしたことが話題になっています。

奥菜さん

「もしかして不倫してたってこと?!」
「このタイミングで再婚への含みがある発言をする?!」
「子どものことを考えてと言うわりには、何この行動は?!」

なんて思っている方もいるかも知れません。

 

奥菜恵さんは悪女なのか、考察してみました。

 

男性の半数が、女性の4人に1人が浮気経験者?!

 

離婚前からの交際というので、一気に悪女イメージが加速した奥菜さん。浮気をする女性=悪女なのでしょうか。浮気をしている人って、結構いそうですよね?

 

浮気に関する大規模データによると、生涯を通じて浮気をする男性は40%とも言われています(!)。女性はさすがに男性より少ないものの、25%程度は浮気をするようです。(Whisman&Snider,2007)

 

4人に1人という割合を考えると、浮気をもって悪女だとは言えないかと。仮に、離婚前に交際していたというのが事実だったとしても「恋多き女に認定」といったところでしょう。

 

子供がいるのに離婚、再婚は悪女?!

 

一般的に悪女と呼ばれる女性には、身勝手という要素はマスト。ですが、子供がいるのに、離婚、再婚をする。これをもって悪女かというと、そうでもないと思います。

 

奥菜さんを擁護するわけでも、自分の離婚歴を正当化するわけでもありませんが、子供はかすがいにはなりません。むしろ、子供のいる夫婦のほうが結婚の満足度は下がり、離婚リスクがあがるという研究は多くあります。

 

子供がいる夫婦は、子供がいない夫婦より、結婚生活に不満が増える(Voydanoff,2005;Wiklcox&Nock,2006;山口,2006;李,2008;他多数)

子供が生まれると夫婦の口論や言い争いが増える(Kluwer&Jhonson,2007;Perren et al,2005他)

子供が生まれると夫婦のコミュニケーションが減る(Perren et al,2005;White et al1986他)

 

離婚や再婚が子供にとって悪いと決めつけるのも、現実とは違うと感じています。

 

ちなみにうちの場合、離婚、再婚は自然な流れで決まり、息子は新旧ダンナ様と良好な関係を続けてくれています。「かわいそう」と余計なコメントをくださる方もいますが、息子にとっては人と違う家族の形がむしろスタンダード。

 

余計なことを言ってくる大人に「母は結婚が何度もできるミュータントで・・・」と釈明していました(汗)息子よ、ごめん。でもユーモアで返せるとは、すごいぞ!

 

余計なお世話ですがバツ3になるリスクはなんと・・・

 

バツ3の私に心配されたくないと思いますが、もしも奥菜さんが木村了さんと再婚した場合、どれくらい離婚リスクがあるのでしょうか。

まずは、離婚から再婚までの期間という切り口から。アメリカのデータによると、離婚して2年以内に結婚した女性が、再び離婚してしまう確率は、なんと60%!奥菜さんは、すでにブログで「パートナー」「大切な家族」と言っちゃっているので、とても気になります。頑張って!

 

次に、結婚の回数という切り口から。3回目の結婚で離婚してしまう確率は、初婚に比べなんと3.39倍。・・・かなりヤバイです。

次に、同棲の有無という切り口から。もしすでに同棲しているとなると、離婚リスクは結婚まで一緒に住まなかったグループに比べ1.6倍。

 

いずれにしても厳しい戦いになるかと思われます。

 

でも大丈夫!仮にまた離婚したとしても、結婚不適合者とか、性格に問題アリと思われること以外は、これといった不都合はありません。奥菜さんの場合、どう転んでも自分のスタイルを貫きつつ、自分らしい幸せを掴むパワーをお持ちかと。頑張ってください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>