悪女と謝罪についての考察

謝罪について専門家としてコメントしました

 
本業のコミュニケーション研究のほうのお仕事ではありますが、週間ダイヤモンドの「営業学」という特集で、謝罪についてのコメントが掲載されています。専門家としての寄稿、監修、コメントなどのお仕事は少なくありませんが、普段からよく読む雑誌だと嬉しさもひとしお。ご縁を繋いでくださったであろう関係者の方に感謝です。
o0466064012886785453
 

謝罪をする時に気をつけたいポイントとは

 
こちらの雑誌では、謝罪するときに気をつけたい「順番」についてコメントさせていただきました。同じことを伝えても、順番を間違うと「状況の説明」が「言い訳」と解釈されてしまうことがあります。正解は、まず「謝罪の言葉」を伝える。その後に「状況を説明」その後必要があれば「今後の対策(場合によっては補償も含む)」です。
 
自分に非がない場合でも「ご心配をおかけして申し訳ありません」「不快な思いをさせてしまい申し訳ありません」といった謝罪をしましょう。自分の非を認めているわけではありませんが、相手の感情を緩和し、聞く耳を持ってもらう方法として有効です。明らかに相手の勘違いというケースでも、こういった謝罪をしてから誤解がとければスマートだと思います。
 

謝罪がうまい悪女とは?

 
専門家による、パートナーとの関係維持の研究があります。それによるとカップルはお互いに「相手より自分のほうが関係維持に貢献している」「相手より自分のほうが望ましくない行動は少ない」と思っているのだとか。正しさよりも思いやりを優先できるうちはいいのですが、摩擦は起こるべくして起こるわけですね。
 
筆者が謝罪がうまいと感じる悪女は、楊貴妃。皇帝が他の愛人に夢中になりそうになった時、ヒステリーを起こして追い出されたことがあるのですが、人、贈り物、演出などを駆使して許されています。
 
普段わがままなぶん、たまに下手に出た時の可愛げは印象深いもの。これに悪女特有の変わり身の早さが加われば、鬼に金棒だと思います。
 
謝罪をする際、涙を武器に使う人もいますが、これは使い過ぎに注意が必要です。悪女学研究所では「涙は三枚のお札」と定義。ここぞの時に三回だけ助かるアイテムと考え、大事に使うことを提唱しています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>