日経アソシエに掲載!から考えた「悪女の性格特性」について

雑誌掲載のお知らせ

 
本業のコミュニケーション研究のほうではありますが、現在発売中の日経アソシエに掲載されています。相手のタイプに合わせた話し方について、専門家としてコメントしております。

o0480064013306494380

同じ内容を伝える場合でも、相手のタイプに合わせて「伝え方」「表現」「タイミング」などを考慮できるとうまくいく確率は上がります。

 

このタイプの人には、どんな切り口でのアプローチが響くのか。どんな言葉なら、共感を引き出せるのか。反感をもたれるのは、どんな言い方か。優秀な管理職の人などは、こういったことを自然に考えてマネジメントをしているように見えます。

 

 
人を上手く動かす「悪女」も相手にあわせ、コミュニケーションスタイルを変えているのでしょうか?

 

無邪気な悪女と計算づくの悪女

 
悪女には大きくわけて2つのパターンがあると思います。
 

1つは、ありのままの振る舞いが相手のツボに入るタイプ。とくに策を弄さずとも、ありのままの自分が、相手の好みなので苦労なく振り回すことができます。仮にこういう女性を、無邪気な悪女と呼ぶことにしましょう。

 

2つめは、相手に合わせた振る舞いで翻弄するタイプ。こういうセリフが喜ぶだろう。こういう振る舞いをすれば怒るだろう。計算した言動で、相手の感情を動かすタイプの悪女は優秀なマネージャーのように、相手を分析します。

 

 
無邪気な悪女の場合、相手に合わせてコミュニケーションをとったりはしません。むしろ自分が翻弄できる男性を見つける嗅覚が鋭いという特徴を活かします。計算づくの悪女の場合、相手にあわせてコミュニケーションスタイルを変えるのは、あたりまえです。車のギアをチェンジするように、自然とそれができるのが特徴です。

 

意外?!悪女は相手の気持ちがわかる人?

 

これまで「人を騙せる悪女=共感性が低い女性」だと思っていました。こんなことをされたら、相手がどう感じるか。どれほど辛いか。どんな結末になるのか。こういった想像力が欠けていたり、相手の気持ちになって考えられない人が悪女と呼ばれるような行動をとりやすいと思っていました。
 
でも、その考えは間違いかも知れません。
 
相手にあわせた言動ができる人は共感性が高いです。こんな言葉に感動するだろう。こうされたら、喜ぶだろう。そういった共感ができる人であり、優しい性格な人が多いと言われています。計算して相手を振り回せる悪女は、決して共感性が低いわけではなく、逆に相手がどういう気持ちになるかが想像できるからこそ、相手を振り回すことができるのではないでしょうか。
 
計算して動くタイプの悪女は、共感性が高いのに、それでも悪気なく人を騙せる、珍しい性格特性の持ち主なのかも。
 
ちなみに藤田尚弓は、性格特性の5因子でいうと、やたらと外向性が高いタイプ。それなのに、引きこもり大好き!オタク最高!という珍しい性格です・・・。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>