悪女と二面性!二面性がある人に騙されないコツとは?

本日オンエア!「世界を動かした女たち~悪女かそれとも・・・~」

ビーバップ
本日、朝日放送ビーバップハイヒールで、藤田尚弓も出演した「世界を動かした女たち~悪女かそれとも・・・~」がオンエアされます。今回は、前回の時と違い、悪女の悪い面だけでなく、良い面にもフォーカス。激動の時代に逞しく生きた女性たちを、違う角度から見ていきます。残念ながら、東京では見られないのですが、関西・近畿にお住まいの方は、ぜひ!

撮影の裏話というわけでもありませんが、今回のテーマ、筆者にとっては大変嬉しい企画でした。なぜなら、コラム連載にあたって2010年に悪女のよい面を調査整理したものの、企画が変わってお蔵入りになってしまったことがあるからです。

 

 

ボツになった企画「悪女のA面・B面」

 
2010年~2011年にかけて、コミック誌「KISS」に、「悪女の切り札」というコラムを書いていました。歴史に名を残す女性たちを紹介しつつ、その女性がどんなことを切り札として使っていたかを考察するコラムです。担当編集さんからお話をいただいた段階では「悪女に関してのコラム」とざっくりしたものだったので、筆者は悪女の二面性について書くつもりでいました。

 
最初にご提案したタイトルは「悪女のA面・B面」。「藤田さん、A面・B面って、レコード世代じゃないとわからないですよ。読者はCD世代ですし・・・(^^;」とダメ出しされました。ごもっともです。次に考えたタイトルが「悪女の裏面・表面」。これはオモシロイと言ってもらえたのですが、誌面のスペースと文字数の制限から、両面は難しいということになりお蔵入りしてしまいました。
 
あれから5年。テレビという形で悪女たちのいい面を発信する機会に恵まれした。感激もひとしおです。
 
ところで、悪女に限らず、女性に二面性はつきもの。というか、男女問わず、人は誰しも二面性を持っていると思います。二面性と聞くと「嫌だ!」と思う人が多いと思いますが、本当に悪いことばかりでしょうか。そして二面性のある人に騙されないためにはどうしたらいいか考察してみました。
 

二面性って悪いこと?

1352610_74851576
 
二面性とは、極端ないい面と悪い面を持ち合わせる、ジキルとハイドのようなものばかりではありません。人が見ている時と見ていない時の行動が違ったり、周りにいる人によって言動を使いわけたりということも含まれます。筆者はこのような二面性は、悪いことばかりでもなく、人との関わりで生きていくうえのスキルと考えています。
 
例えば、「どうみても安全だろう」というシチュエーションで、赤信号なのに渡ってしまうことはありがちです。でも、近くに小学生がいた場合どうでしょう。おそらく、ほとんどの方が渡らないのではないでしょうか。周りにいる人に配慮する。こういったホワイトな二面性もあると思うわけです。
 
二面性が魅力になるケースもあります。
 
普段は強気な女性が、ふと涙を浮かべる。頼りないとおもっていた男性が、心強い一面を見せる。そんなギャップに心を動かされた経験がある人も多いのでは?いい面だけでなく悪い面があったり、強いだけでなく弱かったり、これも人間の素晴らしさ。そう考えると自分や信頼している人にも二面性があるということを認めやすくなります。

 

二面性のある人に騙されないコツとは?

 
二面性のある人に騙されないためには、どうすればいいのか。筆者がお勧めしたいのは、人には二面性のあることを事実として認め、それを前提として考える方法です。
 
海外の研究者が行った面接の実験があります。
 
面接にくる人が社交的という情報を与えた後、面接する人A群には「事前情報の反対側のことも考えてみるように」と忠告。面接する人B群には忠告なしで面接をさせるという実験です。すると、A群は様々な角度から面接にきた人を知ろうと質問をしました。それに対しB群は事前情報を確かめるだけの質問しかできなかったそうです。
 
このブログを読んでくれている方達の中にも、人の二面性に触れ、悲しい思いをしたことがある人は少なくないと思います。筆者もそんな体験がたくさんあります。自分は裏表のない人間になりたいと思う気持ちも、信頼する人に限って二面性なんてあるはずがないと思いたい気持ちもわかります。でも、二面性がある事実を認め、裏面も考えないと、いい面だけを見ていた自分の無防備さを棚にあげて、相手を恨むハメになるかも。実験を行った博士のように、筆者も皆さんに忠告したいと思います。「反対側のことも考えてみるように」。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>